キャッシング審査における有利不利

キャッシングをするためには、必ず審査を受けなければなりません。
この審査においては、人をレッテル化するわけではありませんが、ある一つ基準の
よって有利不利を決めてしまう場合が少なくありません。

例えば職業です。
これは言うまでもないことかもしれませんが、正社員や公務員が審査に通りやすく
水商売の方はかなり不利ということがいえます。では職種はといえば、いわゆるホワイトカラーが
有利でブルーカラーが不利。

また、営業が若干不利とされています。
営業は、そうですねぇ、職種の激烈さゆえの人の流動の激しさが懸念されているのでしょう。

また、持ち家が有利です。これも予想がつきます。が、社宅が不利というのは意見が分かれそうです。

なぜなら、社宅の(安い家賃)間にしっかり貯蓄を進める人がいそうだし、社宅があるくらいの
大きな会社勤務がイメージできるからです。もっとも、社宅も賃貸住宅の一つに過ぎないととれば
不利が妥当ともいえましょう。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年8月 8日 14:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「にんにく卵黄」です。

次のブログ記事は「一本化のメリットとは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。